MENU

はじめまして、大阪の美容外科医ドクターKです

 

現在、大阪でAGAの診療を行っています美容・形成外科医です。

 

以前は植毛(パンチ、単一植毛)も行っていましたが、現在は美容外科の方が忙しいため、AGA治療に関してはプロペシア、ミノキシジル、栄養剤や外用薬の投薬のみを行っています。

 

30年ほど前に初めてパンチグラフトの植毛をやったとき、患者さんの毛をとった部分に瘢痕ができたのを見て、何か納得できないものがありました。

 

でも当の患者さんは結果に大満足でした・・・

 

その後、単一植毛が主流になってきて、採毛部も目立たない上に毛の生え方もより自然な仕上がりに、かなり満足していました。

 

ところが、植毛する毛が全くない方に相談を受けたとき、適当な治療法がないので困ってしまい、その患者さんは結局人工毛を使われました。

 

今でしたら、ハーグ療法や投薬で自分の毛を何とか発生させ、太く育ててから植毛という選択肢もありますが、以前はお手上げ状態で、怪しい薬に走る人も結構いたようです。

 

勇気を出して、医療機関を受診しましょう

 

現在、様々なAGA用の薬が出回っていますが、正直言って怪しい薬も少なくありません。

 

またAGA専門のクリニックと言っても、すべてが同じレベルで診療を行っているわけではありませんし、料金もかなり差がある状態です。(AGA治療には健康保険はききません)

 

あなたの毛髪の状態、お住まい、通院できる時間、経済的状況などを考えた上で最適なクリニックで治療を受ける(或いは個人輸入で薬を入手する)のがベストだと思います。

 

ただ初めてクリニックを受診される方は、わからないことが多い上に、恥ずかしいという気持ちもあると思います。

 

そこで、私が日常の診療の時に患者さんさんからよく聞かれることや、実際に診療はどんな感じで行われているかについてお話していきたいと思います。

 

AGA治療は早期に行う方がより効果的ですので、ぜひこのホームページを参考にしてください。

 

 

ドクターKがおすすめするはじめてでも安心なAGA専門クリニック

↓↓↓